アコムのむじんくんATM使い方と借り方

一般的に消費者金融のアコムのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のアコムのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融アコムの最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融アコムの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやアコムのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融アコムというのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

金融機関で高評価を得る要素は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でアコムのキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

引用:http://www.toya-usu-volcanomeister.net/karikata/

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融アコムやクレジットカードでアコムのキャッシングするという方法があります。

近年は銀行でもアコムのカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

売上を確保して企業としての利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみるととはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融のアコムのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融アコムには貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融アコムに借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。