お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!

個人事業主はローン組めないんじゃ…

今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらではお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンのおすすめ/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれます(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

インターネットでビジネスローンについて調べているとこんなウワサをよく見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘い」という噂です。

結論から言うと、そんなに甘くありません。

審査の厳しさは基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。

銀行融資など低金利になるほど厳しく、一般的にイメージする銀行融資の場合、必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて審査することが多いです。

他にも提出した様々な書類から多角的に審査します。

このように話を聞いただけでも審査が厳しそうな感じがしますね。

世の中にビジネスローンは多くありますが正直、各ローン会社の特徴などがわからずどのローンを使えば良いか迷ってしまいますよね。

口コミなどから特徴などを調べてみました。

一例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算を出してしまったタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

他にも、従業員3名以下の小規模経営の利用が大半ということなど公式HP以外も参考にしてみてはいかがでしょう。

消費者向けローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンを利用して借りたお金はビジネス用に使うためことはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けるとみなさんが想像するする銀行融資と銀行融資より高金利だけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査の早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では早ければ即日遅くとも数日以内に結果が出ることが多いです。

そのため中小企業など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

世の中には様々なタイプのビジネスローンがあります。

その中には、一般的に想像する銀行系のローンやクレカで有名なオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日融資というローンもあるようです。

近年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますがやはり資金面は不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった規模の会社の短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保やオンライン上で申請できるので来店が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは経営者を対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり申し込んで即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

①パスポートなどの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点が揃っていれば審査が受けられますが場合によっては、印鑑証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーが流れることが多いです。

こういったキャッチコピーは印象に残りますよね。

キャッチコピーとキャッチフレーズは同じという人もいますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほぼ変わらないと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

個人事業主、自営業者の方にとって事業のためのそれは新規事業の立ち上げや設備投資するための資金調達です。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られているという現状があります。

例えば、法人の場合では、不動産担保ローンや有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行プロパー融資は審査に通らないケースが多いです。

1そういったときの資金繰りの方法としてアプラスなどのビジネスローンの利用も考えておきましょう。

ビジネスローンごとに金利など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算を出してしまった、出してしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りをしようと方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも融資審査に通るのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合利益が出ているから毎月の返済が?円までできると判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないのでもちろん審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、車や導入している機械の減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には売掛け債権など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

今すぐお金を借りるなら