お金借りる個人事業主

\個人事業主がお金借りるなら/

トップページ > 神奈川県

突然の出費で生活費が足りない…
今月は収入が少なくてピンチ…!
個人事業主だとローン組めないんじゃ…


今すぐお金が必要な個人事業主の方へ

こちらでは神奈川県でお金を借りたい個人事業主の方のために、安心して借りれるカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

個人事業主がお金借りるなら大手の消費者金融カードローンがおすすめ

ローンが組みづらいイメージのある個人事業主ですが、実際には個人事業主でも借りれるカードローンはあります。

中でもおすすめなのが大手消費者金融のカードローン。

銀行カードローンより金利が少し高めですが、最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスなどがあり、初めてお金を借りる方でも申し込みしやすくなっています。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が安定していないイメージのある個人事業主は審査に落ちる可能性が高いです。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、柔軟に審査を行なってくれる会社が多いため、個人事業主にもおすすめできるカードローンとなっています。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間金利0円で借りれる無利息サービスがあったり、即日融資にも対応している点などメリットが多いのが魅力です。

カードローンの利用が初めての方でも利用しやすく、Web申し込みで手続きが完了するため誰にもバレずに借り入れできる点もおすすめポイントになります。

個人事業主の方は収入証明書類の準備をお忘れなく

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入額が○○万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれるという条件があります。

ですが、個人事業主の方の場合はたとえ借入希望額が少額であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いのでご注意ください。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資を行なうことができないからです。これを総量規制と言います。

そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な個人事業主の場合には、収入を証明する書類が必要になるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

個人事業主の借入なら利用目的を明確にすること

個人事業主でも借りれるカードローンには、事業資金として利用することが出来ないケースもあります。

もし事業資金としてお金を借りる予定なら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なカードローンに申し込みOK!

ただし、個人事業主の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。利用目的をはっきりしておくことは、融資を受ける面でも事業を継続する面でも大事なことなので、しっかりと管理しておきましょう。

個人事業主がお金借りるなら
\即日カードローンのおすすめ/

24時間365日土日も借り入れOK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれます(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、個人事業主の方向けにおすすめのカードローンをご紹介しました。

そもそも個人事業主は自宅が勤務先となっている場合も多く、経費と生活費の区別があいまいです。

節税のために生活費の一部を経費として計上することで、所得が少なくなっているケースが多いようです。

そのような節税対策を行なっている場合には、所得に応じて借入額が決定されるため、もしかすると希望額を借り入れできないかもしれません。

節税対策をしすぎるとカードローン審査では逆効果になるという事です。覚えておいてください。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

神奈川県の方向け個人事業主の借り入れQ&A

こちらでは、お金が必要な個人事業主の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

良ければ借り入れ前の参考にしてみて下さい。

Q. 個人事業主です。生活費を借りたいんですが、私でもカードローンの審査に通りますか?

A. はい。安定した収入があると認められれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しいようなので、大手の消費者金融カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは金利がやや高いものの、一時的な借り入れであれば、最大30日間金利0円で借りれるサービスがあるのでお得です。

ちなみに、カードローンの審査では「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つの必要書類の提出が求められます。

収入証明書類については、借入額によって提出が不要となる場合もありますが、個人事業主の審査においては借入額に関係なく提出が求められるケースが多いようです。事前に準備しておいて下さい。

Q. 個人事業主がカードローンの審査に申し込む場合、必要な書類は何ですか?

A. カードローン審査で提出が求められる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。

おもな書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認し、事前に用意しておくようにして下さい。

Q. 個人事業主でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。個人事業主の方でも最短融資が可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

個人事業主の借り入れ基礎知識コラム

世の中には様々な種類のビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここでは銀行系ではない信販会社などのやっているローンの申し込みの流れを説明します。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに必要な書類が異なることがあります。

これらの書類が揃ったらあとはインターネットで申し込むだけです。

HPからの申し込み時に本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日ととても早いローンもあるようです。

経営者の方の中には、うまく会社が回らなくて赤字を出してしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に受かるのかということです。

ローン審査の仕組み上、決算書を見て利益が出ているとわかる会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が出ないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には売掛け債権など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は通りづらいです。

ノンバンク系のビジネスローン会社なら融資してくれるかもしれません。

例として、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記簿謄本と決算書2年分の提出で審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」というキャッチフレーズ通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは審査期間が明記されていませんが赤字決算企業の審査の場合は即日融資されている件数は少ないようです。

ビジネスローンで資金を工面しようと考えている方、どのローンを利用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンの大きな特徴として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも追加で借入することができるという点があります。

他のローンの場合、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ満たしていなければいけない条件があります。

それは、Yahoo!ショッピング・ヤフオクへの商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングへ出店している人にオススメのローンです。

ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘いと言うのは本当ですか?」という内容です。

結論から言うと、言われているほど審査は甘くありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的にイメージする銀行融資の場合、必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

事業計画書だけではなく他にも提出した様々な書類から多角的に精査されます。

このように少し調べただけでも厳しそうな感じを持ってしまいますね。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何をイメージしますか?多くの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを組む際に必要な書類を調べてみました。

①運転免許証などの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、登記事項証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資・公的融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

辞書を引いてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと捉えても良さそうですが性格にはその言葉がどの対象に向けて使われるかによる違いがあるようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

中小企業における設備投資など短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは経営者を対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり即日融資が可能なところもあるくらいスピーディーです。

起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借りたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けのローンや農業経営者向けのローンなど様々な種類が用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も第1・第2創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしているローンよりも有担保低金利ローンなどへ変更をしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところでA社からすると完済してもらっただけということなので金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

借り換え目的の場合は借入先にその旨を必ず伝えましょう。

神奈川県の方向け個人事業主の借り入れお役立ち情報

個人事業主がお金借りるなら
\最短融資も可能なプロミス/

神奈川県で今すぐお金を借りるなら